プライベート名刺

  • admin
  • 2017-12-28
  • 未分類
  • プライベート名刺 はコメントを受け付けていません。

プライベート名刺 画像引用 [デザイン名刺.net 仕事から遊びまで使える!選べる名刺2000種

会社で支給される名刺とは別に、自分で作った名刺を持つ人もいます。会社の仕事で使用するのではなく、プライベートシーンで自己紹介することが目的です。例えば趣味の場や飲み会などで知り合った人にプライベート名刺を渡しておくと、それが元で思わぬビジネスチャンスにつながる可能性もあるのです。

ネットでリーズナブルプライスかつ小ロットで名刺を作ってくれる名刺作成業者が増えたことも、気軽にプライベート用名刺を作る人が増えた理由の1つです。100枚1,200円くらいで名刺を作ることができ、納期も4~5日とスピーディです。多くの名刺作成業者がデザインのテンプレートを多種用意しているので、お好みのデザインがきっと見つかります。

発注の手順は、パソコン画面でテンプレートの中から好きなデザインを選び、名刺に掲載したい情報を入力するだけです。もちろん、好きなフォント(字体)を選ぶことができます。名刺の情報を英語表記したい場合でも、肩書きや部門の英語表記のテンプレートを用意してくれている名刺印刷業者もありますので、英語が苦手な人でもすてきな日本語英語併記の名刺を作ることができます。

相手に好印象を残す名刺で、大きなビジネスチャンスを得てください。

 

名刺の印刷は外注するな

社会人になると必須アイテムとなる名刺。多くの社会人は勤務先が用意してくれるのではないだろうか。だが、驚くことに、公務員は一枚も用意してもらえないのです。よくよく考えてみれば、公務員一人ひとりに名刺を用意するとなると莫大な費用がかかるので、税金の無駄遣いと言われる可能性があるからわからなくもないです。また異動が多いためその都度用意するのも馬鹿らしいのかもしれません。

しかし、対外的な業務がないわけではないうえに、前述の通り社会人の必須アイテムです。そこで公務員はどうするのか。役職に就いている者は名刺の印刷を外注することもあります。ここでネックとなるのは注文可能な最低枚数が多いことと、言わずもがな、費用です。

そんな問題をクリアするのが、自宅で名刺を印刷できる専用のプリント用紙です。多くのメーカーから50枚や100枚一袋として数百円で売られているのだが、用紙の色調や手触りが微妙に異なるので自分好みの用紙を選択し、自宅で簡単に名刺を作成していただきたいです。好きなテンプレートを見つけたら、あとはプリンターにセットして印刷するのみです。1枚だけでも10枚でも、好きな枚数をいつでも作成できます。異動になったら必要な部分のみ変更して、また印刷。非常に経済的です。自営業の方や、就活でアピールしたい学生など、名刺を外注しようと考えているなら、是非参考にしていただきたいです。

 

個人的に名刺作成をするように言われた

うちの会社では、名刺は個々人で作ることになっています。一応、費用は出してくれるが、デザインなどは、自分で決めていいことになっています。もちろん、あまりに馬鹿げた名刺を作成したら怒られるが、常識的な範囲内なら、好きなようにしていいのです。自分の顔写真をつけたり、ホームページのアドレスをつけたりと好きにしていいです。

最近では、プラスチック製の名刺もあるようで、濡れても大丈夫なように作られています。そもそも私は、事務なので名刺は必要ないから作ったことはないが、営業の人が名刺の作成料金として領収書をもってくることがあります。だから、大体の相場は分かっているつもりだが、名刺を作るというのも結構な値段がするようです。会社全体で専属契約しているなら安くできるのだろうが、個々人で作るので、どうしても割高になってしまうのでしょう。個人の個性を伸ばすということで、そうしているのだが、費用からみたらかなり非効率であると言えます。