デザインとレイアウト

  • admin
  • 2017-12-22
  • 未分類
  • デザインとレイアウト はコメントを受け付けていません。

名刺名刺交換の際に相手の方に見やすくてわかりやすい名刺だと感じてもらうことが大切です。シンプルで基本的な法則に則ったデザインとレイアウトを理解しましょう。

名刺には大きく分けて2種類あります。縦型タイプと横型タイプです。どちらのタイプにおいても、名前はセンターに置くのが基本です。会社に関する必須の情報は、横型タイプであれば会社名を左上に、そして住所と電話番号を右下に記載するのが基本的で見やすくわかりやすいレイアウトとなります。縦型タイプの場合は、右上に会社名を、そして左下に住所と電話番号を配置することで美しく見えます。

見やすくて好印象の名刺を作るためのデザイン上の注意点は、まず余白を十分に確保することです。字が多すぎたりして窮屈になると、読みづらく、わかりにくい印象を相手に与えてしまいます。次に、書体(フォント)の数を2つ以内に抑えることも名刺に清潔感を持たせる上で重要なポイントです。さまざまな情報を名刺に記載する上で書体を変えたくなりますが、書体数が多すぎると乱雑で読みづらくなってしまいます。以上の2つのポイントを心掛けるだけでかなり上品で読みやすい好印象の名刺になることは間違いないと思います。