プライベート名刺


プライベート名刺 画像引用 [デザイン名刺.net 仕事から遊びまで使える!選べる名刺2000種

会社で支給される名刺とは別に、自分で作った名刺を持つ人もいます。会社の仕事で使用するのではなく、プライベートシーンで自己紹介することが目的です。例えば趣味の場や飲み会などで知り合った人にプライベート名刺を渡しておくと、それが元で思わぬビジネスチャンスにつながる可能性もあるのです。

ネットでリーズナブルプライスかつ小ロットで名刺を作ってくれる名刺作成業者が増えたことも、気軽にプライベート用名刺を作る人が増えた理由の1つです。100枚1,200円くらいで名刺を作ることができ、納期も4~5日とスピーディです。多くの名刺作成業者がデザインのテンプレートを多種用意しているので、お好みのデザインがきっと見つかります。

発注の手順は、パソコン画面でテンプレートの中から好きなデザインを選び、名刺に掲載したい情報を入力するだけです。もちろん、好きなフォント(字体)を選ぶことができます。名刺の情報を英語表記したい場合でも、肩書きや部門の英語表記のテンプレートを用意してくれている名刺印刷業者もありますので、英語が苦手な人でもすてきな日本語英語併記の名刺を作ることができます。

相手に好印象を残す名刺で、大きなビジネスチャンスを得てください。

 

名刺の印刷は外注するな

社会人になると必須アイテムとなる名刺。多くの社会人は勤務先が用意してくれるのではないだろうか。だが、驚くことに、公務員は一枚も用意してもらえないのです。よくよく考えてみれば、公務員一人ひとりに名刺を用意するとなると莫大な費用がかかるので、税金の無駄遣いと言われる可能性があるからわからなくもないです。また異動が多いためその都度用意するのも馬鹿らしいのかもしれません。

しかし、対外的な業務がないわけではないうえに、前述の通り社会人の必須アイテムです。そこで公務員はどうするのか。役職に就いている者は名刺の印刷を外注することもあります。ここでネックとなるのは注文可能な最低枚数が多いことと、言わずもがな、費用です。

そんな問題をクリアするのが、自宅で名刺を印刷できる専用のプリント用紙です。多くのメーカーから50枚や100枚一袋として数百円で売られているのだが、用紙の色調や手触りが微妙に異なるので自分好みの用紙を選択し、自宅で簡単に名刺を作成していただきたいです。好きなテンプレートを見つけたら、あとはプリンターにセットして印刷するのみです。1枚だけでも10枚でも、好きな枚数をいつでも作成できます。異動になったら必要な部分のみ変更して、また印刷。非常に経済的です。自営業の方や、就活でアピールしたい学生など、名刺を外注しようと考えているなら、是非参考にしていただきたいです。

 

個人的に名刺作成をするように言われた

うちの会社では、名刺は個々人で作ることになっています。一応、費用は出してくれるが、デザインなどは、自分で決めていいことになっています。もちろん、あまりに馬鹿げた名刺を作成したら怒られるが、常識的な範囲内なら、好きなようにしていいのです。自分の顔写真をつけたり、ホームページのアドレスをつけたりと好きにしていいです。

最近では、プラスチック製の名刺もあるようで、濡れても大丈夫なように作られています。そもそも私は、事務なので名刺は必要ないから作ったことはないが、営業の人が名刺の作成料金として領収書をもってくることがあります。だから、大体の相場は分かっているつもりだが、名刺を作るというのも結構な値段がするようです。会社全体で専属契約しているなら安くできるのだろうが、個々人で作るので、どうしても割高になってしまうのでしょう。個人の個性を伸ばすということで、そうしているのだが、費用からみたらかなり非効率であると言えます。

デザインとレイアウト


名刺名刺交換の際に相手の方に見やすくてわかりやすい名刺だと感じてもらうことが大切です。シンプルで基本的な法則に則ったデザインとレイアウトを理解しましょう。

名刺には大きく分けて2種類あります。縦型タイプと横型タイプです。どちらのタイプにおいても、名前はセンターに置くのが基本です。会社に関する必須の情報は、横型タイプであれば会社名を左上に、そして住所と電話番号を右下に記載するのが基本的で見やすくわかりやすいレイアウトとなります。縦型タイプの場合は、右上に会社名を、そして左下に住所と電話番号を配置することで美しく見えます。

見やすくて好印象の名刺を作るためのデザイン上の注意点は、まず余白を十分に確保することです。字が多すぎたりして窮屈になると、読みづらく、わかりにくい印象を相手に与えてしまいます。次に、書体(フォント)の数を2つ以内に抑えることも名刺に清潔感を持たせる上で重要なポイントです。さまざまな情報を名刺に記載する上で書体を変えたくなりますが、書体数が多すぎると乱雑で読みづらくなってしまいます。以上の2つのポイントを心掛けるだけでかなり上品で読みやすい好印象の名刺になることは間違いないと思います。

 

営業職新入社員が通る道(名刺編)

営業職に配属された新入社員が一人で取引先をまわったり、先輩についていくにしても、最初に緊張する場面が「名刺交換」です。営業職でなくても、名刺交換の練習は新入社員研修でしますが、頻度が違うので、様々な場面に出会います。実際には人それぞれで研修の通りではありません。会社ごとに違うかもしれませんが、「両手でいただいて名刺入れの上に乗せて商談」というのが一般的かもしれません。でもこの時、お互い片手で同時に差し出してもらったり、名刺入れの上に相手の名刺を乗せてもらって頂戴する、という人もいたりします。どれが正しいの?と混乱するでしょうが、相手に失礼な思いをさせなければそれでいいのです。

もしかしたら、一つ前の商談で初めて会う人が複数出てきてしまって予想以上に多くの名刺を配ってしまい、次の商談の時に足りなくなったりすることもあります。初めて会う人なのにどうしよう!!とパニックになりませんか?私はなりましたよ。結局、お詫びをして後日送る旨を伝えました。早速帰社後に、商談の時間をいただいたお礼と共に商談内容のフォローの資料と名刺を送りました。その企業に次に訪問した際にはきちんと対応してもらってありがとう、と言われました。トラブルや突発的なことが起こってもきちんと対応すればリカバリーどころか相手の印象に残り、人間関係も良好となることを体験しました。「名刺はもう一つのあなたの顔ですよ」と研修で言われたことがわかったような気がしました。

 

私たちにとって名刺は必需品です。

私は会社に勤務して、10年目のサラリーマンです。私の会社はゼネコンの建設会社です。私の仕事は建築物の施工管理の仕事をしています。私の仕事は会社で受注した建築物を建築するのが仕事です。私は仕事柄多くの業者と毎日接していますので、多くの名刺を買います。毎年200枚から300枚の名刺を使いますが、私は名刺がとても大事なものだと感じています。名刺は会社の名前と自分の名前が入っていますので、私は身分証明だと感じています。

私は年間に使う分だけの名刺が、貯まります。わたしゃ毎年年末に、名刺をファイルにとじて整理をします。その時は名刺の相手の顔を思い出すようにしています。一回しか会わない方もいるので、とても思い出すのは大変ですが、名刺を交換することで私たちの仕事に幅が出るような、気がしています。私は今の仕事をこれからも続けて行きたいと感じていますが、これからも多くの方と名刺交換をして行きたいと感じています。

ビジネス名刺の目的


スーツの男女ビジネスにおいて、初対面の人とコミュニケーションを取るために必須のツールは名刺です。名刺はただ名前と連絡先を先方に伝えるだけのカードではありません。自分と自分が勤める組織の印象を決定付ける重要なビジネスツールなのです。

相手にできるだけ好印象を持ってもらえる名刺を作ることが大切です。ビジネス名刺において押さえるべき重要なポイントとは何でしょうか。ビジネス名刺の基本的な役割は取引先やお客様に、名前と属する組織の名称、役職、連絡先を紹介することにあります。

まず、自社の扱う商品及びサービス、お客様へのアピールポイントをはっきりとさせ、次にどのようなシーンで誰に名刺を渡すことが多いのかを考えましょう。それらを元にして名刺のデザイン及び記載する内容を決めるのです。

あまりに内容が多すぎると見づらい名刺になってしまうので、必要な情報だけに絞り込むことが重要です。ビジネス名刺の必須の内容は、氏名、会社名、部門名、役職名、住所、電話番号、メールアドレス、ホームページアドレスです。これらの必須内容を記載した上で、商品やサービスなどのアピールポイントなどお客様に伝えたい情報をうまく加えることができれば最高です。

名刺のデザインや記載する内容でお悩みの方もいらっしゃると思いますが、いくつかの基本ポイントを押さえることで、ビジネスにおいてより効果的な名刺をデザインすることができるのです。その基本ポイントを紹介します。

 

名刺の成り立ちと由来について

今ではビジネスに欠かせない名刺ですが、その成り立ちはどのようなものだったのでしょうか。これには諸説ありますが、石が起源だったという説があります。古来貨幣の代わりに石が使われていた時代がありましたが、名刺の代わりにも石を使っていたというのです。どのように使っていたかはまだ推論の域ですが、石に模様を彫って使ったりしていたのかもしれませんね。

西洋ではトランプカードの裏に氏名を書いて名刺としていたこともあったのだそうです。昔はきちんと約束をして誰かを招く時に用いるものだったそうで、今ではその名残は名刺を指す言葉であるvisiting cardにのみ残っています。呼び名にこそ当時の面影がありますが、その中身は日本と同じように氏名にプラスして勤務先の住所や肩書き、連絡先などを入れたビジネス用のものがほとんどです。ちなみに海外では名刺交換という習慣の無い国が多く、初対面の挨拶が名刺交換から始まる日本人は珍しい存在でした。しかし現在ではその習慣が広まり、海外でも名刺交換が挨拶として定着しつつあるのです。

 

シンプルイズベストがけして通用しないのが、名刺です

シンプルイズベストという言葉が存在します。単純で簡単なものの方が分かりやすいですし、伝わりやすくストレスもたまりません。ただ、名刺においてはそれが通用しないと思った方がいいでしょう。一般的な社会人としてのキャリアが長くなれば、おのずと名刺をいただく機会も増えるでしょう。そのときに、白い紙で会社名と、名前、電話番号など最低限の事柄だけを記したものがあったらどうでしょう。沢山の名刺に埋もれて、まったく印象に残りませんし、下手をしたらどこに行ったのかも分からなくなってしまうでしょう。自己紹介のアイテムでもある物なのですから、私は何の特徴も無い人間ですと、アピールしているようなものです。

例えば、水道工事の仕事をしている方なら、水道のトラブルがあった場合は、お任せくださいと、目立つ字で書いてあるだけで印象に残り、何かあれば連絡をもらえるかもしれませんし、少なくともそのような仕事をしている方であるというイメージは、鮮明に残りますよね。もちろん、自分のことを紹介するものなので、ゴチャゴチャしていてはいけませんが、シンプルイズベストではない事を、把握しておきましょう。